見方が変化する


ちょっと前に教えていただいたこの本を読み始めています。
やっぱり、翻訳した本は難しいですね。
最近の小説なら問題ないんですが、昔の小説と自己啓発系は海外のものを翻訳されていると頭に入ってきづらいです。
ちょっと前に読んだ小説、「歯と爪」も面白かったんですが、分からない部分が多かったです。


で、関連してのPoICです。
なぜか昔は夫を憎んでいた感じがあるんですよね。嫌いと言うか憎いと言うか…負の感情でした。
私は今よりかなりひどい家事放棄状態で、毎日働きに出て養ってくれている夫に対して、
「私はこんなに眠れなくて苦しいのに、なんでこの人は簡単に寝るの?」なんていう思考に陥るという…
それだけじゃなくあらゆることに不満タラタラでした。


でも、特に今も昔も夫は変わっていません。
変わったのはきっと私の見方なのでしょうね。


あー続き読みたいけど、もう眠いー
熱も下がったので早いとこ治ってくれーーーー



このブログの目次→こちら 月曜〜金曜更新!サボったらブログ削除!

↓ランキングに参加しています。気が向いたらポチっとお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

広告を非表示にする
スピロノラクトン