経験を積み重ねることが脱出の近道

いろいろと考えるきっかけがあったので今現在の私の病気に関して思っていることを吐き出してみようと思います。

まず、私は以前にも書きましたが精神的に少しでもおかしいなと感じたら絶対にこじれる前に病院に行くべきだと思っています。
このことは「そうだ、病院へ行こう」でも書きました。
辛い思いが投薬やカウンセリングで少しでも和らぐのであれば絶対に行くべきだと
少し勇気を出して病院にいくことで楽になる人もたくさんいるはずだと思ったのでそう書きました。


ではなぜ私が病院に行かないのか。


せっかくなので軽く病院との関わりを書きましょう。
私はかなりの数の病院に行きました。
九州の田舎に住んでいますので近くの病院は行き尽くしたといってもいいくらい。
都会に比べるとかなり軒数が少ないですからね。
その中で合うとおもった先生はゼロ
かろうじて躁鬱病の診断をもらった先生とは相性は良いとはいえないけど
我慢できないほどではないという感じでその先生に一番長く診てもらっていました。


一時は本当に何が辛いのか分からないけどただただ辛いって日が続いていて、どうにかして楽に死ぬ方法はないか、この世から一瞬で消えられる方法はないかなんてことばかり考えていました。
そんな状態ですから病院にすがるしか方法はなかったのかもしれません。
病気は結婚前からだったのですが完全に悪化したのは結婚後で、
何年か記憶が空白の時期もあったりします。
というか空白の時期に病院行きまくっていたような気もw

今はなぜか病院に対する拒否反応がひどすぎます。
病院に行こうとすると思考が停止してしまい何日も前からパニック状態になり何度も過呼吸になったり気分ががっつり沈んでしまったり。
じつはこれ精神病院だけでなく普通の病院でも起こることに最近気が付きました。
過呼吸を起こすほどはありませんがお見舞いに行っただけで脂汗がぐっしょりなんてことになったり、この間足の付け根にしこりが出来て通院してましたがその時の緊張具合いったら・・・なかなかしんどかったです。
この先精神的なもの以外の病気にかかったとき大丈夫なのか旦那が心配するくらいだったりします。


というわけで、今は昔に比べると病院に行くほどでもないので
わざわざ病院にいって調子悪くなって帰ってくるのは本末転倒だなと感じ始め最近は通院はしていません。

ホントなにが良いのか悪いのかさっぱりわかりませんね。


そもそも、診断されている躁鬱病ですが、症状を抑えることは出来ても完全に完治することはない病気とされています。
そう考えるとたしかに病院にいくことは大切なことだしきちんとコントロールできるよう努力すべきだとも思います。
でもそれは簡単なことじゃないわけです。。
診てもらっている先生に不満があっても私の中では一番ましな先生なわけだし、また新しく違う病院に行くとなったら一からすべて説明しなければいけない。
でももうこれ以上の自分に合う先生に診てもらうにはこの土地を離れて都会に行くしかないとさえ感じています。


そこで少し回復し始めた時期に違うアプローチを始めたことが今に繋がっています。


とにかくもう私は病気は一生治らないんだからそれはそれとして受け止めよう。んで横に置いとこうと。
これ以上病気は良くならないんだと。
浮き沈みの激しさと一生つき合って行こうと。
もちろんすんごく悪くなったら病院に行くようにする。
とりあえず薬をもらえる病院があるわけだからいつでも悪くなったら行けばいい。
その代わりちょっと回復してる今は生活を改善するための出来ることをやっていこうと。
辛いときはすべてを病気のせいにして少し良くなったら自堕落な生活しかできない自分を変えるよう努力してみようと


そうやって私は動き出したのです。

明らかに今でも鬱っぽいなとか躁っぽいなとかいうときはあったりします。でも生活を改善することでそういうメンタル的なつらさみたいなものがだいぶマシになって来たような気がします。
もしかすると精神病をきっかけにすべてのことが出来なくなりそのままもともと少なかった生活する力が衰え、せっかく投薬で回復しつつあったものが生活する力を蓄えるすべもなくそのまま自堕落な生活を送る癖が付いていたのかもしれません。


もともと生活するスキルのない人間が精神病にかかればどうなるでしょう?
回復したとしてもそこから自堕落な生活をしてしまうことは簡単に想像できますよね。それが私です。


でもその状況から脱した今だから言えることですがこれは希望でもあるんです。
落ちやすい状態であることは確かだと思いますが、
裏を返せばスキルさえ身に付ければ落ちにくくなる
ということです。
どうにかして「生活するスキルがなくて辛い時期」を乗り切ってスキルを身につければいいんです。
小さなことで良いです。一つ一つ実践することが大事。
生活の基盤になる自分なりの家事ルールなど構築していってみてください。
こつこつと経験を積み重ねればそれが大きな自信になります


生活の基盤を整えしっかりスキルを身につければ強くなれます。
私はそうやって生活する力を手に入れることで病気に立ち向かっているつもりです
そうやって自分に力を付けていけば幾分かマシになるんじゃないかと。前みたいに辛い状況までにはならないんじゃないかと。

そんなことを思いながら「でもやっぱり不安」なんてわけ分からなくなりながら私は生きてます。

本当は病気の話はまだ全然自の中で消化できていないのでかきたくはなかったのですが、中途半端でも吐き出してみたいなと。
思うことを言葉にしてみたいなと。
書くことでまたすごい気持ちが落ちてしまったとき自分の助けにもなるかもしれないと。


うん。こうやって言葉にするとなんとなく力が沸いてきたような気がします。
経験を積み重ねることが脱出の近道
と信じやっていこうと思います。


とりあえず・・・眠くなってきたので寝るかw
今日は今からたっぷり寝て机仕上げるぞー!


2011-04-24まで月曜〜金曜更新!サボったらブログ削除!

↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン