完璧主義を捨てたい

f:id:imanchu:20140117172821j:plain

いつもそうなんです。完璧を目指すあまり、少しでも気に入らなければすぐに放り出す。

昔は掃除もがーっと丸一日かけてがっつり片付けて、汚くなるまで放置しかできませんでした。

何か汚れを落とすのも、完全に綺麗にならなくて(放置してるため汚れがひどい)げんなりするので余計にやりたくなくなってしまいます。

風呂場がまさにそれです。汚れが溜まっていようとなかろうと、入るたびに少しでも掃除すればそれ以上にはひどくなりません。

でも結局完全にきれいにすることをつい意識してしまうので、綺麗になるまでの労働力を考えると道のりが長すぎて取り掛かることができず、そのまま見て見ぬ振りです。

なんでもそうなんです。趣味のことでも勉強も、仕事も。

その意識を薄めるには結局細かく分けて目標を下に置くしかありません。

10づつ30日頑張れば300。二日に1回でも150。月に1回100よりずっと達成できています。

では、同じだけの分量を1ヶ月日割りで小さく毎日やるか、1・2回で一気にやるかでどうちがうかというと、毎日やるほうがずっと身になります。

風呂の汚れだったら毎日少ない汚れを落とすので1回の労力は小さくなります。手芸の趣味だったら毎日少しづつ縫い物をすれば明日より今日、30日後には同じ作業がずっと楽になっているはずです。

そうやって積み重ねるから経験として身につくし、成果もあがるんです。

わかっちゃいるんですがね。なかなか難しい。

このことが無意識に感じれるようになるまで何度だってカードに書いてブログに書いて自分の心に刻み込む所存です。

自分の価値観としてきちんとすりこまれるまで。

 

このブログの目次→こちら 月曜〜金曜更新!サボったらペナルティ! 

↓ランキングに参加しています。気が向いたらポチっとお願いします。 

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

広告を非表示にする
スピロノラクトン