自分を変えるために何より大切なこと


ここ数日ミレニアムの読破に没頭してまして、読み終えたとたんハッと気付きました。
ここ最近ずい分読書へのハードルが下がったなと。
ちょっと前・・・4年ほど前までは読書することすら困難で興味はありましたが、そもそも1冊の本を最後まで読み切る自信がどんな本であれまったくなかった状況でした。
そこからすこーしづつ「読めない本があって当然、読めない本は今の自分には合っていないだけ。さっさと見切りをつけて次の本を読んで読破できる本に出会おう」と言い聞かせながら読書にあたるようになりました。
精神に変調きたすようになって読書もままならない状態で数年。ようやく定期的に読み終えるだけの精神力が戻り、まったく読めなくなっていた小説の分野にもトライ。
で、今ではミレニアムのようなわりと厚めの上下巻3部作計6冊を集中して読破できるまでになりました。(ちょっと熱中しすぎ感あありますがwww)
当初は信じていませんでした。でも本当に簡単な本を少しづつ読んでいくことでどうにか自分が本を読めると信じられるようになり、今では昔読めていたころの倍以上の読書量と幅ができました。
どこかで自分を信じることが出来たからこうなれたわけです。
そしてそれは自分を変えることの1歩でした。「読書ができる」という能力が身についたことでひとつ自分の無能さが解消されます。それは大きな自信につながります。
すでに自分を変えた実績でもあります。
そのたったひとつの実績が大きな原動力になり、またひとつなにか自分を変える実行に踏み切るきっかけになります。

あんな駄目人間でも変れたんだなとふと思い出した今日この頃です。


このブログの目次→こちら 月曜〜金曜更新!サボったらブログ削除!

↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

広告を非表示にする
スピロノラクトン