PoICを自分のものにする

私の自分を知るための一番のツールであるPoIC。
以前の記事ではPOICと表記してましたがまったくもって私の間違いw
正しくはPoICでoは小文字らしいですw最近気付きましたw
ブログカテゴリも間違えてるけど ま、いっかwwww

以前やってたんですが1年ほどがっつりやって再生産も2回ほどやって
その後ぷっつりさぼってました。それを今回再開したのでそれに伴いいろいろ見直しをしました。

PoIC公式Wikiはこちら→http://pileofindexcards.org/wiki/index.php?title=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
A5ノートシステムとは→その1その2

以前はPoICというシステム自体が自分のものになっていなかったから続かなかったのではないかと。
自分のものにするためにはどうすればいいかと一生懸命考えて見ました。

PoICを私が続けられなかった理由

私がPoICを途中で止めてしまった理由をよく考えてみました。

PoIC始める

いろいろアイデアが浮かびA5ノートを思いつく(スケジュール管理や家計のため)

A5ノートとPoICの境界線がはっきりしなくなる

A5ノートフリー帳にPoICに書くことを書き始める

PoICじゃないと出来ないことがあることを忘れる

もうA5ノートに書いてりゃいいんじゃね

PoIC書くのが面倒になる


っていうサイクルでした。
要はね、普通のノートだと何かを羅列してまとめたり考えを整理したりすることが出来るわけですよ。
でもPoICではそれが出来ない。っていうかPoICはそういうものじゃないってことを忘れていたというか。
そもそもPoICはなんなのかなぜかPoICはそれを簡単に忘れさせてしまう何かがあるんですwwwwww
ではPoICじゃないとできないことというのは何なのか。

PoICじゃないとできないこと

なんと言ってもPoICの長所は日々書き続けたときに意外なことが発見できることです。
全く違う意図で書いてたことが違うことを気づかせてくれることになる。という不思議ツールなのです。
例えば、一番分かりやすい例で行くと睡眠でした。最初はただ書き出しのために日記として昨日何時に寝たとか朝一に書いていました。これはwikiにも書かれていますがとにかく書き出すためにエンジンを暖めるかのごとく日記を書くということのために書いていました。
しかし、この記録が後の再生産でとても重要なことに。
だいたいの時間をつけていたので就寝時間のグラフを作ったり眠りが浅かった日や寝付きにくかった日の日記などから体調との関係を書き出してみたり。
そうしていくうちに寝れない日は精神的に弱っているときよりむしろ嬉しいことがあって興奮している日や日中買い物などで歩き回ったり人と合った日などの方が多いということが分かりました。
自分では精神的に沈んでいるときなどの方が眠れていないと勝手に思いこんでいたので結構びっくりしたことを覚えています。これが躁鬱の躁的症状なのかと。いろいろなことが頭に浮かんできてぐるぐるする。そんな状況ではなかなか眠りにつけない。と、やっと知ることが出来たわけです。
と、まあこんな感じで何でもいいから書くということでぜんぜん別の大切なことが見えてくるわけです。
特に人間思い込みで見えなくなっていることが多いと思うのでそれを一度まっさらにして考えることが出来るわけです。睡眠の他にもたくさんびっくり発見はあるんですが、それはまた後日書けるといいですね。

と、まあこんなことがPoICじゃないと出来ないことですね。身近に起きたこと、思ったことをとにかく記録していくことで見えてくるもの。それはA5ノートのやり方じゃ出来ないんです。事象を区切り小さなカードにおさめることでそれを並べてみたり全く違うことがらと関連付けることが初めて出来る。A5ノートの最初のページに書いたことと最後に書いたことを並べて比較したり関連づけることは無理ではないですが簡単ではありません。

では、A5ノートのように冊子で有効利用できることと情報カードで区切るとで有効利用できることとでは全く違う意味合い・やり方になるのではと思ったわけです。


ということは、A5ノートシステムとPoICは私の生活の中で共存出来る。むしろどちらにも意義があると気づいたわけです。では、具体的にA5ノートに書くこととPoICに書くことの違いをルールとして定めていくことにします。

PoIC私ルール

1.PoICは絶対外に持ち出さない。外ではA5ノートを使う。
私の場合、外で落ち着いてなにか書く場合カフェとか図書館とか意識しないと無理です。職場もないですしね。そうなると何か思いついたときはたいてい何かをしているとき。ショッピングをしていたり遊んでいたり。コーヒー飲んでいたり本読んでいたり。
Wikiに書かれているように野帳で書いて帰ってから情報カードに書き写すという方法もありますが面倒だしよく考えたらそんなに外出しないやとw
ほぼ家にいることが多いのに外にでたときのものまでは管理しきらないと。ってことでもう外で浮かんだアイデアは忘れることにします。どうしても情報カードに書きたいと思ったものだけ写すってことで。
つーか外にいるときはPoICは必要ないと。PoICは家でやるもので良い。

2.期限のあるToDoをPoICに書かない
前は何でもかんでもPoICに書いてました。でも1日のルーチンワークやちょっと長期的だけど期限のあるToDoはとても処理しずらいんです。
今日1日でやり遂げたいものごとはA5ノートに書いた方が効率的だし今月中に済ませたいことはカケスケ帳の方のフリースペースに書いた方が分かりやすい。
締め切りとか日付ががっちり決まってる物事はカケスケ帳のカレンダーに目立つように書いた方がいいし。

でも、PoICに書くべきToDoもあります。例えばブログネタ。書く予定だけど期限は決めていないし書かないかもしれない。でもいつか書きたいなーというとても適当なもの。そういうものはPoICに向いています。
他には近いうちに冬物の買い物リスト作らなきゃなーとかそんなのです。必要性を感じているけど必ずしも必要じゃないそういった類。


3.PoICにはどうでも良いことを書く
例えばブログネタなら「PoICについて詳しく書きたい」ならそれはPoICにかくどうでもいいことです。実際に実行してもいなくても良い。そしてそれに付随してだいたいのその内容も。でももし、じゃあそれを実際に今日書こう!となって内容をもっと詳しく整理しようってのは今すぐ必要なことなのでPoICではなくA5ノートに書きたいことをまとめたりします。

もうひとつ例えるなら冬物リストを書かなきゃなーだったらどうでもいいことですが実際にリストに書き出すなら必要なこと。前者はPoIC後者はA5。
もちろんどっちも書いて良いです。

4.情報カード1枚に書ききれないものはA5ノートへ
Wikiにはカード同士を関連づけたりする方法がありましたがそれが私には向かないようで。どうもストレスになります。なのでなにかテーマがあって例えば「今の生活の中での問題点を書き出す」とかでとにかく思いつくだけ書き出そうって時にはPoICではとても面倒です。せっかく一つのテーマで書いているのにバラバラになってしまう。
まったく違うものと関連づけるにはPoICはすごい威力ですが同じ一つのテーマでとなるととたんに弱くなってしまいます。最初からテーマがあるものをバラバラにする意味はないというわけです。




んーうまく説明できているでしょうか?
書いていてとても不安で仕方ないですw
伝えたいことはたくさんあるのにそれを伝えるだけの文章力がないもどかしさ。
まあ今日はこの辺にしておきましょう。
たぶんつづきますwたぶんw


2011-04-24まで月曜〜金曜更新!サボったらブログ削除!

↓ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン