後退には厳しく前進には甘く

今日はメンタル的なお話。

私は自分を責めることだけは長けていると思ってます。
特技ですが最悪の特技です。
「なんて駄目人間なんだろう」「私は恥の塊だ」なんて常日頃思っています。
そんな私をちょっぴり前向きにしたお話です。


みなさんは今現在どういう状況に置かれていますか?
自分の人生の中で一番いい時期か悪い時期か、ちょっと浮上中か転落中か。
だいたいどのくらいの位置にいますか?
ちょっと考えてみてください。
超大雑把に書いて見ました↓

ここ10年くらいかなw
これはあくまで幸せ度ではなく客観的に振り返ってみたときに
きちんと生活を営めていたか否か。メンタルは関係ありません。
良いの方に行けば行くほど家事が出来ていて悪いの方に行けば行くほど何もしてないってことです。
言わば働いたかどうか。

さて、ここでタイトルの言葉です。
後退には厳しく前進には甘く
要は自分がどん底と思ったところからもっと落ちなければ良いわけです。
私の場合どん底は一番部屋が汚かった5年ほど前。
部屋が汚れてももうなんとも思わずタバコが灰皿から溢れても見て見ぬフリをしたあの頃。
洗濯ものの山が出来ても風呂場がカビだらけになってもシンクが満杯で下のほうに得体の知れないものが発生しても
何もしなかったあの頃。
あの頃が一番のどん底だったのに意外とそのことを忘れてしまうもんなんです。

ちょっと家事がうまく行っていて調子に乗るとまた自分を責め始めます。
あきらかにどん底から比べると前進しているのに今度は上を見て
「あの人はあんなに何でも出来るのに自分はどうしてこんなに出来ないんだろう」
なんて考えてしまいます。
でもね、今一度どん底を思い出してみましょう。
すると、確実に前に出ています。

それがホンの少しのことだっていいんです。

超汚部屋のどん底状態でネットで汚部屋について調べてみるもやる気は出ない…
おおおっと!これは前進だ!!!wwww
だって汚部屋で何も考えずただただネットでゲームしてたりしただけのとこから
自分の現状を変えようと調べ物をした。それはまぎれも無く前進。
その一歩が無ければ次の一歩は成し得ません。

ちょっと馬鹿っぽいなと思うかもしれませんが、
そうやって自分をごまかしごまかし奮い立たせることが前進への道になります。

何度くじけそうになったことか。
「もう汚部屋でもいいんじゃね。旦那に寄生して生きていけばいいよ。」と、
でも、こういう絶望的な感情って頑張るからおこるのです。
もし今も超汚部屋で何もしようとしていなければ
すぐにネットに逃げてここまでの感情はおこらなかったはずです。
だからこう思ってしまったときは、
「頑張っているから心も折れそうになるんだ」
と、言い聞かせるのです。
そしてこう考えます。
「あの最低だった頃からここまで抜け出せたんだから何でも出来るはず!」
「あの頃にもどらなけばいいんだ!」
と、心が折れそうになった時休めばいいわけです。

しかし、休みすぎるとまた元に戻ります。
そんなときはちょっと歯を食いしばって
「あの頃には絶対戻らない」「戻るくらいなら死んだ方がマシ」
くらいにたまには追い詰めます。

そうやってバランスを取りながら確実に1歩前へ進むわけです。
もっともっと自分を褒められる人間になるのが目下の目標です


目標達成2ヶ月連続更新まで8日サボったらブログ削除


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン