修学旅行のような旅が一番充実するワケ

さて、今回の旅行で身を持って感じたことを書きたいと思います。


いままでの私は「旅は思いつきで行動するのが一番」という考えでした。「思いついたので旅に出た」というのがカッコ良く思えてしまっていて「ふらっと何も決めず旅に出て超楽しかった」みたいな自分に酔いしれていたといいますか。

でも、実は旅をぐだぐだにさせる最大の原因だと気付いたのです。
「突発的な旅が出来る私カッコ良い」なんて自分に酔いしれているだけでちっとも旅自体を楽しめていない。むしろ次にどこに行くかで散々迷ったあげく別にそんなに興味もないところに行ってしまう。おいしい郷土料理を食べたくてもなんだかいろいろ悩むのが面倒になってきていつの間にか全国チェーンのお店で食べてる。なんてことになってしまいがちだったんです。


気まぐれで突発的な旅というものはとても聞こえが良く憧れがちなんですが、実は「超超超超超超超超上級者向け」なんです。
とにかく旅慣れしていてなおかつ旅行資金豊富で滞在時間が長い人にしか出来ないことだと思っています。

なぜなら、普段旅行にあまり行かない人は旅行用のアンテナみたいなものがうまく張れていません。でも旅慣れしている人のアンテナというものは本当にすごいです。例えば小さな観光地のなかでご飯を食べるならどこかと旅慣れしている人としていないない人の行動を見てみれば多分一発で分かると思います。きっと前者には「表の参道より裏の方が安くてうまい」とかある程度の明確な理由で選んでいるはず。でも後者は「名物ってノボリがあったから」なんて理由が多い気がします。

このように、旅慣れしている人とそうでない人では培ってきた経験に大きな差があり旅慣れしている人の方がずっと失敗しない確率が高いわけです。
だからそういう旅慣れしている人がふらっと気まぐれで無計画の旅なんかに行けばかなり楽しめるはずです。


さて、じゃあ旅慣れしていない人が旅行をより楽しく、充実したものにさせるにはどうすればいいのでしょう。

そうです。「修学旅行のように計画を綿密に立てて行く」これがベストです。

学生の頃に行った修学旅行の前を思い出してみてください。すごい綿密に調べ物してからいきませんでしたか?特別に修学旅行計画専用の授業が設けられたりして。
今になって思えばこれこそが誰でも楽しめる旅だったのではないかと思います。

計画を立てて旅に出れば「次どうしようか」なんて迷うことはありません。そういう悩んでいる時間が意外とストレスだったりするもんなんです。そういう無駄な時間を排除するために計画をきちんと立てるべきなのです。

そしてもうひとつ重要なのは「その観光地を調べることによりそこにに愛着がわく」ということです。なんの事前情報もなく観光地に行ったとしましょう。きっと多くの情報を素通りしてしまいます。でも事前にどんな場所か分かっていれば見たい場所も増え、実際に見れたときの感動は倍以上になります。


なんだか長々と書いてしまいましたが要するに旅行の事前調査は大事だよってことが言いたかったんですwww



【関連記事】

■旅行プランの立て方
http://d.hatena.ne.jp/imanchu/20100531]
■旅行に持っていくと便利なものTOP4!!
http://d.hatena.ne.jp/imanchu/20110803
■旅行で一番大切なこと
http://d.hatena.ne.jp/imanchu/20110809

目標達成2ヶ月連続更新まで20日サボったらブログ削除


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン