割れ窓理論と部屋の関係

割れ窓理論」とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B2%E3%82%8C%E7%AA%93%E7%90%86%E8%AB%96

な犯罪も徹底的に取り締まることで凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。<<


よく防犯などで聞いたりする理論ですが、私はこれが家庭内でもあるんじゃないかと思っています。

毎日ぴっかぴかに磨き上げて綺麗な部屋を保ったとしましょう。そううすると家族だけでなく自分も汚したくなくなりませんか?
汚したとしても綺麗に元に戻そうと努力する確立が増えるんです。

よく家を新築すると汚したくなくてーなんて聞きますが普通の家庭でもそれは一緒。どんなに古い家でもきちんと管理されて綺麗にしてれば家族も自分も汚しにくくなるんです。
家族にも自分にも「汚したくない」と思わせることが大事なんです。

でも、家族については各家庭でいろいろあると思います。「汚したくない」と思ってくれたのは良くてもそう思ってしまったせいでカップラーメンひとつ作ってくれなくなったなんてことや、「汚したくない」けど汚してしまって「片付け方が分からない」なんてことになってしまったりすることもあると思います。
家族との連携で綺麗を保てるというのが理想です。
お互いに綺麗を保とうと努力できるような環境を作りましょう。
そうでないと自分ばっかり頑張って綺麗を保って「割れ窓理論」なんていっても協力してくれなければ意味ありません。


うちの場合…
実は最近旦那が家事を協力してくれにくくなりましたwww
汚部屋時代はあんなに何でもやってくれていたのに私がやり始めたらぱったりwwww
今は綺麗を保つよう旦那にも協力を要請中ですw


目標達成2ヶ月連続更新まで25日サボったらブログ削除


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン