人に貸せる程度のものしか身の回りに置かない

洋服整理を書いたんでそれに関連して、買い物についてを書きます。
今日書くのは日用品と洋服の話です。

ニトリとユニクロの回し者ではないですが、この二つは本当に便利です。実際に先週夏に向けてのいろいろを買出しに行ってきました。

では、我が家のニトリ・ユニクロ製品を羅列してみます

【ニトリ】
敷布団・羽根布団・毛布・タオルケット・シーツ・枕・枕パッド・敷きパッド・便座カバー・夏用い草ラグ・冬用ラグなど
【ユニクロ】
夫婦兼用インナーTシャツ・各自パンツ・ブラトップ・各自お出かけ用Tシャツ・各自寝巻き・ウエストがゴムのジーンズもどきなど


実はこれらすべて汚部屋から脱出してからすべてそろえたものなんです。何年も汚部屋を続けていると本当に物を捨てません。すべてが必要なものでどんなに黄ばんでいてもボロボロでも使い続けてしまいます。新しく買っても部屋が汚いのですぐホコリにまみれて汚れていきます。だから基本汚いものしかありません。洗濯してもボロボロなので恥ずかしいものたちばかりです。

汚部屋からだいぶ普通に床が見える生活まで脱出できたくらいの時が買い時ですね。私もその頃に買いました。

さて、この二つの店がなぜいいかといいますと、まず第1に「そこそこの品質」だということです。極端に質が良くも悪くもないのです。全体的に品質のレベルが普通以上高品質以下なのでどれを選んでも問題ないです。
第2に「安い」です。これもそこそこ安いという感じです。中にはスーパーなどで買ったりしたほうが安くつく場合もありますがそこは第3の理由に絡んでます。
第3は「デザインがシンプル」です。特に寝具なのですが、スーパーやホームセンターなどにも安くて良い寝具はおいてありますが、ほとんどが柄ものです。
なぜか分かりませんが一昔前のすごい柄が多いのです。そしてこれまたなぜかシンプルなものが売っていたとしてもすごく高いwちょっと古いデザインの物を使うと薄汚れてきた時本当にみっともなくなってしまうんですよね。ちょっと使い込んだだけでウン十年前の物に見えてしまうんです。だから寝具はシンプルに限ります。

この「そこそこの品質」かつ「安い」かつ「デザインがシンプル」という3つがそろっているらニトリとユニクロで買うんです。何一つ欠けていては駄目なんです。
だから最近日用品はニトリ以外で買わなくなってきましたw面倒なのでひとつの店舗で終わらせてます。

ユニクロの場合インナー関係専門店みたいな。あーユニクロのすごさはブラトップですね。本当にこれは便利。実は結構前からスポーツブラみたいなものを家で着たかったので探していたんですが、これが出た時には即効で買いましたw
ネックは標準的な体系の人しか無理そうな感じがすることですが、普通体系には最高!家だけ出来るつもりが最近は普通のブラジャーを廃止しておでかけもほとんどこれですw

こういう風に決まった店で決まったものを買うようになってから変わったことがあります。この2店で購入していれば基本テイストが変わりません。統一感が出ます。そしてなにより精神的に楽です。何も考えずに季節が変わってそろそろ買わないとって時にそこに買いに行けばいいわけですから。日用品や下着などのインナー関係や家着などは普通程度の質があれば充分なんです。そしてなにより大切なことは綺麗なものそろえておく事。使い込んだものは捨てること。
基本は「人に貸せる程度のものしか身の回りに置かない」ということを守るようにしましょう。

今になって考えるとなんでこんな簡単なことが出来なかったのか不思議です。

あなたのおうちにある洋服や日用品、友達が来て貸しても恥ずかしくないようなものをちゃんと揃えていますか?




目標達成2ヶ月連続更新まで30日サボったらブログ削除


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン