本当の欲求

さて、普通の生活をすべて諦めた私でしたが、ある時から変わりました。
それは、すべてを諦めたからこそ「どうせもう諦めたんだから好きにいきればいいんじゃね?」という思考によるものでした。


もう無理だ。普通の生活なんてやれっこない。

もう諦めよう。一生旦那に寄生していこう。

あれ?どうせ諦めたんだからこの生活楽しめばいいんじゃね?

好きなことだけしようぞ!

あれ?好きなことって何?

自分の好きなこと探し

あれ?ホントは自分が一番普通の生活に憧れてるんじゃね?

昼下がりにティータイムとかしたくね?

ティータイムするにはせめて机の上の物なくしたいな

やる気でねええええ

どうやったらやる気でるんかな?

やる気出すパターンを知る

ちょっとやる気でたんじゃね?

ちょっと片付けてみる


といった感じで変わっていきました。
(●をクリックでその記事へ飛びます)


なんというか、自分をだましだまし片づけをする方向にもっていく感じです。
これはかなり時間がかかっています。おそらく半年近くでしょうか。
しかもいきなりどこかで心が折れて一番最初まで戻ってしまったりもしています。これを何度繰り返したことか…
自分でも呆れるほど同じ思考をぐるぐるしていたような気がします。

でもこうでもしないと本当にどん底で何もしない状態からは這い上がれませんでした。
普通のひとならここまでやらなくても机の上を片付けるくらい出来ると思います。でも、そのころの私には無理でした。
夕方近くに起き出してコタツ机に置かれたPCを少し触って旦那が帰ってきたらご飯を作ってもらって食べる。旦那が寝たらネットをしてるか通販番組をボーっと見ているか。旦那が起き出して来たらまたご飯を作ってもらう。旦那は仕事に行きやはり私はネットをするかテレビを見るか。で、眠くなったらそのままPCの乗ってるコタツでおやすみ。

ホントひどかったです。
でもそんな生活で満足していたわけではなかったようです。本当は自分が一番まともな生活に戻りたかったんです。




目標達成2ヶ月連続更新まで49日


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン