睡眠はもっと評価されるべき

睡眠と言うものは本当に大切だと思います。
私はあまりの眠れなさからPOICで記録をつけることにしました。
(POICについてはこちら
毎朝起きた瞬間にカードが書けるようベッドのところにおいて置きます。そして起きてすぐ起きた時間と昨日寝た時間を記入しました。

3ヶ月ほどやってみた結果、なにも対策をとらずに寝るとちょうど1時間づつ寝る時間がずれていき、ぐるりと寝る時間帯が変わってしまうことに気が付きました。
そう、体内時計です。人間の体内時計は24時間より少し長いらしいです。なので通常朝日でリセットされますが、私の場合家の中から出ない引きこもり生活なので完全にリセットされていないっぽいw

そして、もうひとつ重要なことに気が付きました。
カードの枚数です。
朝起きて活動を始めた時と夜起きて活動を始めた時では10数枚ほど差がありました。朝起きたときの方がずっとカードを書く枚数が多かったのです。
カードを書くのは意外とパワーがいります。
掃除をするほどのパワーではありませんがちょっとだけエネルギーを使います。ということは朝起きた方がエネルギーがでるわけです。

改めて考えるととてもはっきりとした結果が出たように思います。
こんなにも朝起きて活動を始めた時と夜起きた時と差が出るのなら睡眠と言うものは本当に生活していく中で大切なことだとわかりました。というか、睡眠さえきちんとコントロールして夜寝て朝起きられるようにさえなれば今の生活を劇的に変えられるのではないかと思ったのです。

この「睡眠さえきちんとコントロールして夜寝て朝起きられるようにさえなれば今の生活を劇的に変えられるのではないか」という予想…いや、希望wは実は当たりまくっていたのです。

実際に睡眠が改善されるとずいぶん変えられたのですから。




目標達成2ヶ月連続更新まで50日


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン