すべてを諦めるとやる気も出てくる

ではまず「やる気の出し方編」と題してはじめます。

もうホントにどん底のどん底ににいて何もやる気が起きず、周りを見渡せば超絶汚部屋。

床はホンの10パーセントほどしか見えてません。

まず私がしたことは「すべてをあきらめること」でした。

昼夜逆転なんて治さなくてよし、掃除やら洗濯・料理もしなくてよし。とりあえず今のままで死にはしない。旦那には悪いけどw

本気で諦めました。無理だな、と。こうやって一生旦那に寄生して生きていくんだなと。
するとびっくりすることに今まで頭の中には「掃除しなきゃ」みたいなことが常にあったらしく、その思考から逃げるための行動をずっととっていたようなのです。

どういうことかというと自分の知らないうちに「このままの生活でいいのか」という自問自答をいつの間にかしていたようでそのことを考えたくないからネットから離れなくなったりして現実逃避をしていたということです。
そしてそれは自分にとって結構なストレスだったようです。

それからすべてを諦めた私は「やっぱり普通の生活に戻ることを諦めたくない」と最後の悪あがきをはじめるのです。


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
スピロノラクトン